厚生労働省は3月16日、「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状に関する厚生労働科学研究事業成果発表会」を開催し、ヒト・パピローマウイルス(HPV)ワクチン接種後に生じた症状に関する研究班の代表を務める池田修一氏(信州大学脳神経内科リウマチ・膠原病内科教授)と牛田享宏氏(愛知医科大学学際的痛みセンター教授)が現時点での研究動向を報告した。

HPVワクチン接種後症状の研究動向を報告の画像

ログインして全文を読む