生体肝移植を行った7例中4例が術後早期に死亡したと2015年4月に報道されて以降、その動向が注目されてきた神戸国際フロンティアメディカルセンター(KIFMEC)が破産申し立てをする方針であることが3月17日までに分かった。

神戸のKIFMEC、破産申し立てへの画像

ログインして全文を読む