日本医療法人協会は2月25日、東京都内で会見を開き、前日に日本医師会が示した医師法21条の改正案に異議があることを表明した。同協会医療安全調査部会長の小田原良治氏は「医師法21条の改正そのものに反対しているわけではない。医師法21条と切り分けることで成立した医療事故調査制度が2015年10月から始まったばかりであり、同法の改正を行うのは混乱を招くだけ」と強調した。

医法協、日医の医師法21条改正案に異議ありの画像

ログインして全文を読む