日本小児科学会は2月23日、日本脳炎の流行地域に渡航・滞在する小児など、日本脳炎への罹患リスクの高い小児に対して生後6カ月からの日本脳炎ワクチンの接種開始を推奨する見解をウェブサイトで発表した。

日本脳炎、リスク高い小児は6カ月から接種をの画像

ログインして全文を読む