カテーテル関連尿路感染(CAUTI)の感染率を減少させるには、週1回の感染対策チーム(ICT)によるラウンドが有効である可能性が報告された。2月19日から20日まで京都市で開催された第31回日本環境感染学会総会・学術集会で、大阪市立十三市民病院(大阪府)感染管理認定看護師の大見純代氏が報告した。

週1回のラウンドでカテ関連尿路感染が減少の画像

ログインして全文を読む