神戸中央病院(神戸市北区)は2月17日、同時期に同一病棟に入院歴のある3人の患者が急性B型肝炎を発症、劇症化により死亡したと発表した。同病院は、院内感染の可能性について調査を行ったが、現時点で感染経路や感染源の特定には至らなかったという。

神戸中央病院で急性B型肝炎の劇症化で3人死亡、院内感染かの画像

ログインして全文を読む