厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は、2月5日、セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬(SNRI)のデュロキセチン(商品名サインバルタ)の適応に、「慢性腰痛症に伴う疼痛」を追加することを了承した。ただし、一部委員から適応拡大について疑問の声が上がったことから、疑問への対応策を、次回部会で販売元に報告させた後に承認とする予定。ただし、次回部会の日程はまだ未定という。

デュロキセチンが慢性腰痛症に適応拡大への画像

ログインして全文を読む