厚生労働省は2月3日、第一回アレルギー疾患対策推進協議会(会長:斎藤博久氏[国立成育医療研究センター副所長])を開催。アレルギー疾患に対し、診療内容の均てん化、さらにはアレルギーに配慮した福祉や教育の実現に向け、総合対策を盛り込む指針作りに向けた議論を始めた。

アレルギー疾患対策指針策定に向け議論始まるの画像

ログインして全文を読む