厚生労働省は1月8日、化学及血清療法研究所(化血研、本社:熊本市北区)に110日間(1月18日から5月6日まで)の業務停止命令を出した。 この処分は化血研が血漿分画製剤を承認申請時とは異なる方法で10年以上製造し、その事実を組織的に隠蔽。医薬品医療機器総合機構(PMDA)による同製剤に関する立ち入り調査で、適切な対応を行わなかったこと。それに加え、ワクチン製剤の実際の製造工程と承認申請時の報告書に齟齬があり、厚生労働省の報告命令に対して適切な報告を行わなかったといった一連の問題を受けてのもの。

厚労省、化血研に110日間の業務停止命令の画像

ログインして全文を読む