世界保健機関(WHO)のワクチン安全性諮問委員会は12月17日、2013年6月から日本でヒト・パピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種勧奨が中止されていることに対し、「専門家の検討委員会がHPVワクチンと接種後に起きた慢性疼痛などの症状に因果関係はないと結論を出したにもかかわらず、接種再開の合意に至っていない。予防できるにもかかわらず、若い女性を子宮頸癌を発症する危険にさらしている」と批判する声明を発表した。

若い女性を子宮頸癌発症の危険にさらしているの画像

ログインして全文を読む