日本小児科学会の予防接種・感染症対策委員会は12月21日、化学及血清療法研究所(化血研)が承認申請時と異なる製造方法でワクチンを製造しており、B型肝炎ワクチンのビームゲンの出荷自粛要請が継続されていることに関し、医療機関にB型肝炎ワクチンが安定的に供給されるようになるまで、感染リスクの高い対象者の接種を優先するよう求める文書を公表した。

B型肝炎ワクチンは優先順位を付け接種をの画像

ログインして全文を読む