日本医師会と全国医学部長病院長会議は12月2日、「医師の地域・診療科偏在解消の緊急提言」を公表した。提言の内容は、8月に公表した骨子からほぼ変更なく、(1)早急な医師養成数の見直し、(2)新たな医学部設置認可の差し止め、(3)卒後の医師の異動を生涯にわたり把握する「医師キャリア支援センター」(仮称)の各大学医学部への設置、(4)原則的に臨床研修を出身大学の所在地域で行うこと、(5)病院・診療所の管理者要件に医師不足地域での一定期間の勤務経験を加えることなどを求めるもの。

日医と医学部長会議が医師偏在解消で緊急提言の画像

ログインして全文を読む