日本専門医機構は、11月19日に公表した「専門研修プログラム作成における注意点について」の中で、専門研修プログラムの作成を計画している大学病院・中核病院などが、専門研修プログラム作成時に他者から何らかの妨害を受けた場合に、日本専門医機構に対して不服申し立てができることを明らかにした。 2017年の新専門医制度のスタートに向けて、19の基本領域については早いところで12月1日から日本専門医機構内の「専門研修プログラム研修施設評価・認定部門領域研修委員会(以後、領域研修委員会)」が専門研修プログラムの申請を受け付け始める。

専門研修プログラム作成時の妨害行為で不服申し立てが可能にの画像

ログインして全文を読む