ヒト・パピローマウイルス(HPV)ワクチン接種後に、疼痛並びに運動障害を中心とした多様な症状(機能性身体症状)が複数報告されたことを受け、厚生労働省は11月27日、12〜18歳の青少年における機能性身体症状の発症頻度を明らかにする目的で全国疫学調査を実施することを明らかにした。研究予定期間は2015年7月7日から3年計画で実施。 一次調査の結果は3カ月程度でまとめ、二次調査では「患者あり」と解答した診療科に個人票を送付。HPVワクチンの接種歴など、臨床疫学特性の情報収集を行う。

疫学調査で機能性身体症状の発症頻度明らかにの画像

ログインして全文を読む