新潟県は11月26日、県立がんセンター新潟病院で発生した2件の画像検査結果所見の見落としについて、事案の概要を公開した。それによると、2件とも癌の検査報告書に記載されていた所見を主治医が確認せず、治療が開始されていなかった。病院側はその事実を患者に説明、謝罪している。

癌の検査所見を主治医が見落とし治療に遅れの画像

ログインして全文を読む