医療事故の当事者になった際に、管理者に過度の責任を押しつけられるのではないかといった不安感は、ベテラン医師よりも若手医師で強い――。浜松医科大学医学部医学科の森亘平氏らが、11月22・23日に千葉市で行われた第10回医療の質・安全学会学術集会(会長=九州大学医学研究院医療経営・管理学講座の鮎澤純子氏)で発表した。

若手医師、ベテランよりも職場への不安感強いの画像

ログインして全文を読む