第63回日本職業・災害医学会学術大会(大会長=昭和大学病院長の有賀徹氏)が東京都内で開かれた。学会初日となる11月22日には、先月に始まったばかりの医療事故調査制度をテーマにしたパネルディスカッション「病院における医療事故について」が開催された。会場には多くの参加者が集まった。

医療事故調査制度、「警察含めた関係団体との連携を」の画像

ログインして全文を読む