10月21日、第13回厚生科学審議会感染症部会が開催され、出荷自粛を求めていた化学及血清療法研究所(化血研)の製造するインフルエンザワクチン製剤について、品質と安全性に重大な問題はないとして出荷を認める方針をまとめた。

化血研製インフルエンザワクチンが出荷への画像

ログインして全文を読む