平均年齢75歳の外来通院患者を対象に、心不全スクリーニングを行ったところ、11%に潜在性心不全を認めたことが報告された。高知県の四万十市国保西土佐診療所に通院中の患者を対象に検討したもので、高知大学の久保亨氏らが第63回日本心臓病学会学術集会(9月18〜20日、横浜開催)で発表した。

平均75歳の外来患者の11%に潜在性心不全の画像

ログインして全文を読む