昨年11月の開設から今年6月までに生体肝移植手術を受けた9例中5例が移植後早期に死亡した問題で、神戸国際フロンティアメディカルセンター(以下、KIFMEC、兵庫県神戸市)は9月24日会見を開いた。第三者委員会によって安全性が確認されたとして、今後も移植を継続することを表明した。

神戸KIFMEC、生体肝移植継続の意思を表明の画像

ログインして全文を読む