日本産科婦人科学会は8月29日、2013年6月以降接種勧奨が中止されているヒト・パピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種勧奨を再開するよう求める声明を発表した。同学会はかねてから、接種後に生じた症状で苦しむ患者への診療体制を早急に整備し、その上で接種勧奨を再開するよう要望していた。

日産婦学会がHPVワクチン接種勧奨再開を要望の画像

ログインして全文を読む