神奈川県内科医学会と横浜内科学会は8月30日、製薬企業のMR(医薬情報担当者)を対象に「第1回MR研修会」を開催。会場には神奈川県周辺で活動するMR約220人が集まり、学会に所属する医師が、内科診療の在り方や認知症診療、脳卒中治療ガイドラインの改訂ポイントなどを解説。今後の臨床医とMRとの連携方策についてディスカッションを行った。

神奈川県内科医学会がMR向け研修会を開催の画像

ログインして全文を読む