国立感染症研究所は8月25日、山口県で8月8日まで開催されたボーイスカウトの世界大会の参加者らが髄膜炎菌感染症を発症した経緯を発表した。厚生労働省は各都道府県へ情報提供を行い、大会参加者で体調変化を認める際は医療機関を受診するよう要請している。

国内イベント参加者が髄膜炎菌感染症を発症の画像

ログインして全文を読む