厚生労働省は8月17日、今年10月にスタートする医療事故調査制度において中心的な役割を果たす「医療事故調査・支援センター」として日本医療安全調査機構(理事長=高久史麿氏、東京都港区)を指定したことを公示した。今回の公示は、改正医療法第6条の15第1項の規定に基づくもの。

日本医療安全調査機構が「医療事故調査・支援センター」にの画像

ログインして全文を読む