欧州動脈硬化学会(EAS)と欧州心臓病学会(ESC)が2011年に共同で策定した「EAS/ESC脂質異常症管理ガイドライン」は、2016年に改訂が予定されている。EASの会長でイタリア・ミラノ大学薬学部教授のAlberico L. Catapano氏に、現行のガイドラインの特徴、日本や米国のガイドラインとの相違点や、ガイドライン改訂の方向性について聞いた。

スタチンと他剤の併用療法も管理の選択肢にの画像

ログインして全文を読む