厚生労働省は8月1日付けで、ドイツのベルリンハート社製の単回使用体外設置式補助人工心臓ポンプ(商品名EXCOR Pediatric 小児用体外設置式補助人工心臓システム)を保険適用した。同製品は、心臓移植待機者が急性循環不全に陥った場合に装着するもので、乳児から使える補助人工心臓装置としては国内初となる。厚労省は、通常のスケジュールを短縮して約7カ月で審査を行い、迅速な保険適用がなされた。

厚労省、小児用補助人工心臓を異例のスピードで保険適用の画像

ログインして全文を読む