希少疾患や診断が難しい疾患を登録して、患者のフォローアップを推進し、病態の解明を進めるための全国ネットワーク「未診断疾患イニシアチブ(Initiative on rare and Undiagnosed Diseases:IRUD)」が、このほど立ち上がった。IRUDで旗振り役を務める日本医療研究開発機構(AMED)が、7月22日にキックオフミーティングを行った。

希少疾患患者を拾い上げる全国組織を構築への画像

ログインして全文を読む