厚生労働省は7月21日までに、イモバックスポリオ皮下注(製造販売業者:サノフィ株式会社、一般名:不活化ポリオワクチン)において、有効期限切れワクチンの誤接種の事例があったとして関係方面へ注意喚起を行った。有効期限の短い製品が市場に出回っていたことが背景にあり、同省結核感染症課は誤接種が今後もあり得るとし、特に接種を行う医療機関に対しては有効期限の確認を求めている。

イモバックスポリオの有効期限切れに注意をの画像

ログインして全文を読む