日本病院会は7月18日、今年10月に始まる医療事故調査制度に関する初のシンポジウムを開催した。院内調査の際の具体的な手法や注意点などを伝える同シンポジウムには、およそ450人が参加した。当日は参加者に質問用紙が配布され、会の後半では講師らが質問に回答する時間も用意された。

日本病院会が医療事故調で初のシンポの画像

ログインして全文を読む