厚生労働省は7月17日、消費税の増収分を活用した新しい財政支援制度である「地域医療介護総合確保基金」のうち、医療に充てる基金の1回目の配分額を公表した。基金総額903億7000万円のうち、610億8000万円を1回目として配分する。最高額は東京都の59億5000万円だった(表)。都道府県は今回の内示を基に事業計画をまとめて交付を申請する。1回目の基金は8月をめどに交付される見通しだ。

医療の充実に向けた基金、東京が60億円で最高の画像

ログインして全文を読む