厚生労働省は7月3日、腹腔鏡下手術事故を受けて5月から先進医療の新規患者登録を中断していた群馬大学病院、千葉県がんセンターについて、自主点検結果の報告を踏まえ、新規患者の組み入れ再開を認める事務連絡を両病院に出した。2日に行われた厚労省の先進医療会議での審議を踏まえての措置。

群馬大、千葉がんセンターが院内改革状況を報告の画像

ログインして全文を読む