神戸国際フロンティアメディカルセンター(以下、KIFMEC、兵庫県神戸市)で生体肝移植を受けた患者9例中5例が術後早期に死亡している問題で、神戸市は6月12日、KIFMECに対して医療安全管理体制を改善するよう指導したことを明らかにした。

神戸市、KIFMECに安全管理体制の改善を要求の画像

ログインして全文を読む