6月10日、内閣府の経済財政諮問会議は「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太の方針)の骨子案を示した。「経済再生なくして財政健全化なし」を基本方針とし、2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス、税収・税外収入と、国債費を除く歳出との収支を表す)の黒字化を実現するため、歳入・歳出改革に取り組むとした。

2016年診療報酬改定は「適正化・重点化進める」の画像

ログインして全文を読む