東北大学東北メディカル・メガバンク機構は2015年6月10日、約7000人を対象とした地域住民コホート調査の統計解析結果を発表。沿岸部と内陸部とを比較したところ、心理的苦痛や抑うつ傾向を示すスコアや、心的外傷後ストレス反応(Posttraumatic Stress Reaction:PTSR)の該当者が、沿岸部の住民で高かったことが明らかになった。

宮城県の沿岸部住民に心理的苦痛や抑うつ傾向の画像

ログインして全文を読む