生体肝移植を中止していた神戸国際フロンティアメディカルセンター(以下、KIFMEC、兵庫県神戸市)で9例目となる生体肝移植手術が行われ、その直後に患者が死亡したことが明らかになった。KIFMECが6月5日に公表した。昨年11月の開設からこれまでに9例の生体肝移植手術を行っており、死亡事例は今回で5人目となる。

KIFMEC、生体肝移植を再開するも患者が死亡の画像

ログインして全文を読む