厚生労働省は6月4日、中東呼吸器症候群(MERS)疑い患者は感染症指定医療機関に搬送する旨の対応フローを各自治体に通知した。韓国でのMERS感染拡大を受け、患者搬送や入院措置などを迅速に行うための暫定的な対応となる。同日の通知では、渡航歴の対象地域を限定しないなどMERS疑い患者の要件も、6月1日の通知に追記する形で一部変更された。

MERS疑い患者は感染症指定医療機関に搬送の画像

ログインして全文を読む