韓国での中東呼吸器症候群(MERS)の発生を受け、厚生労働省は6月1日、従来のMERS対策について各自治体に再確認を求める通知を出した。MERSは、感染症法改正により今年の1月21日から2類感染症に指定されている。MERS感染が疑われる患者を診察した場合、直ちに最寄りの保健所へ情報提供を行わなければならない。

厚労省がMERS対策の再確認を要請の画像

ログインして全文を読む