日本医療法人協会医療事故調運用ガイドライン作成委員会は5月30日付けで、他の病院団体に先駆けて「医療事故調運用ガイドライン最終報告書」を公表した。同委員長の小田原良治氏(日本医療法人協会常務理事)は「すでに出ている省令、通知を踏まえ、現場の医療者が医療事故調査制度を理解しやすいようなかたちで整理し、説明を加えた」と語った。

医療法人協会、医療事故調運用ガイドラインの最終版を公表の画像

ログインして全文を読む