日本病院会は2015年5月28日、「尊厳死」についての見解をウェブサイト上に公表した。この中で、現在超党派の「尊厳死法制化を考える議員連盟」が今国会での提出を目指している「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法案」(仮称)について反対の姿勢を示した。

「現状で尊厳死に法制化は必要なのか」の画像

ログインして全文を読む