5月26日に経済財政諮問会議が開かれ、塩崎恭久厚生労働相が社会保障改革案を示した。後発医薬品の使用割合目標の前倒しやかかりつけ医の一層の普及、健康増進などに向けた個人の試みへのヘルスケアポイント付与制度の導入といった政策案を打ち出した。

ログインして全文を読む