日本移植学会と日本肝移植研究会は5月22日、生体肝移植施設に求められる体制をまとめた緊急注意喚起を出した。それぞれの団体のホームページに掲載している。一連の神戸国際フロンティアメディカルセンター(KIFMEC)での生体肝移植をめぐる一連の報道の影響を受け、今回の注意喚起に至ったという。「強制力はなく、あくまで努力義務」(日本移植学会)として位置づけており、施設基準を満たさない施設に対する注意は行われないという。

生体肝移植の施設体制で緊急注意喚起の画像

ログインして全文を読む