産科医療保障制度による認定が受けられなかったことをめぐり、幹事保険会社である東京海上日動火災保険株式会社へ1941万円の無過失補償金とその遅延損害額を請求する訴訟を起こした池下レディースチャイルドクリニック(東京都江戸川区)院長の池下久弥氏の控訴審判決が5月14日に行われた。結果は原告側の池下氏の請求を退けた一審判決と変わらず、控訴審判決でも請求が棄却された。池下氏は上告する方針だ。

産科医療保障金未払いの控訴審、再び請求を棄却の画像

ログインして全文を読む