膵癌患者支援団体のNPO法人パンキャンジャパンは5月1日、3万3778筆からなる「膵臓がん治療薬のドラッグラグ解消に関する要望書」を厚生労働省大臣の塩崎恭久氏に提出した。

塩崎厚労相「できるだけスピードアップして検討する」の画像

ログインして全文を読む