群馬大学病院は4月30日、病院の体制やガバナンスについて検証し提言を行う「群馬大学医学部付属病院改革委員会」を新たに設置したと発表した。委員は宮坂信之氏(千葉大学監事、前東京医科歯科大学病院長)や味木徹夫氏(神戸大学病院医療の質・安全管理部特命教授)など、8人ほどからなる学外の有識者。

群馬大病院、改革決意し「新体制」次々に稼働の画像

ログインして全文を読む