東芝メディカルシステムズは4月17日、被曝低減と画質向上の両方を実現する新型検出器を搭載した全身用X線CT診断装置(80列検出器/160スライスCT Aquilion PRIME)を同日から国内販売すると発表した。同製品は4月19日までパシフィコ横浜展示ホールで開催されているITEM2015 国際医用画像総合展に出展している。

新型検出器搭載の全身用X線CT診断装置を販売の画像

ログインして全文を読む