「真摯な院内事故調査を行うことで、遺族と当事者の疑問に答えることができ、心を癒やせる」。2012年から実施してきた福岡県医師会方式の院内事故調査方式を紹介した福岡県医師会副会長の上野道雄氏が第29回日本医学会総会 2015 関西の学術講演(4月11〜13日、京都開催)で語った。

医療事故調査は院外専門委員中心が理想の画像

ログインして全文を読む