「ここ数年で日本人著者が急増しており、我々にとってもコクランライブラリーは読む対象から書く対象になった」――。第29回日本医学会総会 2015 関西の学術講演(4月11〜13日、京都開催)、「『エビデンスに基づく医療』で最も高い根拠となる系統的レビュー、その最前線」の中で、国立生育医療研究センター政策科学研究部の森臨太郎氏はこう述べ、我が国の医療界にコクラン共同計画の理念に基づく系統的レビューが定着してきたことを示した。

コクランレビュー、日本人著者が急増中の画像

ログインして全文を読む