超高齢社会に突き進む中で効果的かつ効率的な医療供給を行うためには、情報通信技術(ICT)の活用が必要不可欠となっている。東京大学医療情報経済学分野の大江和彦氏は、第29回日本医学会総会 2015 関西の学術講演(4月11〜13日、京都開催)「医療とIT〜近未来の医療はこう変わる〜」に登壇、ICTの利活用に関して、「現状では医療機関内で発生した情報しか活用していないが、これからは各個人の生活の中で発生したデータも合わせて、いわゆるビッグデータとして医療や健康、生活に関連した情報を集積し、そのデータベースの解析から、各個人に合わせた健康管理や医療の提供が行われるようになる」との展望を示した。

個人に最適化した医療の提供にビッグデータ活用の画像

ログインして全文を読む