「女性医師の支援は、子育てしながら働き続けられる勤務体制の整備に加え、キャリア形成と昇進に関して男性医師と平等に機会を与えることが重要だ」――。大阪市立大学名誉教授の上田真喜子氏は、第29回日本医学会総会 2015 関西の学術講演(4月11〜13日、京都開催)でこう強調した。

「女性医師にも男性医師と平等な昇進の機会を」の画像

ログインして全文を読む