厚生労働省は4月1日、2015年度介護報酬改定に関する疑義解釈(介護保険最新情報Vol.454)を発出した。居宅サービスでは大幅な改変が行われた通所介護や訪問・通所リハビリテーション、施設系サービスでは介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護療養型医療施設(介護療養病床)の項目数が多い。

厚労省が改定の疑義解釈を公表の画像

ログインして全文を読む